ローン滞納した際の売却|自分好みの町でハッピーライフを過ごすなら確かな不動産情報を得よう

自分好みの町でハッピーライフを過ごすなら確かな不動産情報を得よう

ローン滞納した際の売却

お家とお金

自宅を購入する際に組んだ住宅ローンの返済が半年間滞ると、分割払いを行う権利を失うことになります。つまり一括返済を求められるわけです。当然ながら住宅ローンの返済もできない状態で、一括でのローン残金の支払いは不可能です。そこで売却を考えるわけですが、その売却金額がローンの残金を下回るようだと売却は不可能となります。これは金融機関が担保とする物件を失うことで、住宅ローンの残金回収ができなくなるからです。そこで任意売却という形を提案することになります。これは払い切れないローンは分割で支払う約束をするというものですが、その際には任意売却専門に行う業者に依頼することで、金融機関と交渉してくれるようになります。

住宅ローンを滞納するようになったなら、早急に任意売却を進める必要があります。日数が経つごとに住宅ローン残債にかかる金利負担が増えるからです。そこで任意売却を専門に扱う業者を探して頼むことになります。任意売却には金融機関の承諾を得る必要もありますし、専門業者であれば承諾も得やすいものです。そして売却活動を行うと共に、売却金額で払い切れずに残った借金の返済方法について相談することになります。場合によっては、その残債を減らすように要請してくれるケースもあります。任意売却専門業者は、あくまでも生活再建を目的として物件を売ることになります。そのために、売却金額そのものにはあまり注意する必要はないと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加